神田のダイエット・ボクシングスタジオ TRINITY

の口コミ情報

三つの視点でより効率的にダイエットと健康管理を

ただ闇雲に身体を鍛え上げ食事制限を行うだけでも、確かにダイエットの目的は達成できるでしょう。しかしながら、そのやり方ではリバウンドの可能性も高い上に、ケガや栄養不足などの影響で健康管理の目的は達成しにくいかもしれません。

減量や健康管理を達成するためには、運動理論に基づいてより効率的に進めていくことが大切です。そのために「有酸素運動」「無酸素運動」「ストレッチ」を掛け合わせた三位一体=「Trinity」のボクシングトレーニングを、専門知識と多数の実績を持つトレーナーが指導いたします。

健康管理とダイエットに欠かせない「有酸素運動」を実施

スパーリングでの殴り合いといった、ボクシング本来のスポーツとしての要素ではなく、健康管理や減量といった側面に注目したジムを運営していくにあたり、最も大切なのが「有酸素運動」です。一気に強めの負荷をかけていくのではなく、長時間に亘って適度な負荷をかけ続けていくことによって、だいたい20分を超えたあたりから、脂肪燃焼が始まっていきます。

そのため、適度に負荷をかける加減と体力管理がとても大切であり、その辺りもしっかりコーチが無理のないよう指導していくため安心です。ミット打ちはやや苦しい場面もあるかもしれませんが、やり切ったときの達成感が一番大きく爽快で、トレーニングの醍醐味となるメニューです。加えて、シャドーボクシングによるウォーミングアップと適切なフォームチェック、サンドバッグを打ってご自身のペースで全身へ負荷をかけていくことで、着実に健康管理と減量といった結果へと向かっていくでしょう。

より効率的にダイエットを達成するために「無酸素運動」を

動かなくてもたくさん食べても、全く太らない身体に憧れる方は多々いらっしゃいます。これは生まれ持った体質などが大きく関わってくるものではありますが、後天的に努力によってこのような身体へと仕上げていくこともある程度可能なのです。そのために「無酸素運動」をトレーニングメニューに取り入れていくことは、健康管理や減量といった目的をより効率的に達成するために大切な要素なのです。

無酸素運動そのものには脂肪燃焼などの効果は期待できないものの、代謝量は筋肉量にある程度比例する部分があり、筋肉を付けることに集中したトレーニングを行っていきます。瞬間的に大きな負荷を筋肉にかけていくことで、筋力は上がり、次第にカロリー消費量も上がっていくでしょう。腕や足を細い状態にしたいと願っている女性には、インナーマッスルを重点的に鍛えるなど、バルクアップしないトレーニング方法もあるため安心です。

ボディーメンテナンスと健康管理に「ストレッチ」を入念に

有酸素運動と無酸素運動は、身体へあえて負荷をかけて身体を鍛え上げる要素の強いメニューです。その結果、それのみ行うだけでは身体へは疲労やダメージが蓄積してしまいます。その最も顕著な状態が「筋肉のこり」であり、肩こり・腰痛・首こりなど、全身の筋肉がトレーニングがきっかけで疲労でこったり痛み出したりしないよう、適切にメンテナンスを行っていく必要があるのです。

その役割を果たすのが「ストレッチ」であり、トレーニングを継続していくためにとても大切なものです。現代では肩こりや眼精疲労などがパソコンの普及に伴って社会問題の一つともなっていますが、激しい運動に加えてしっかりストレッチでメンテナンスをしていくことで、運動不足が解消されてデスクワークでの肩こりなども軽減していくことが見込まれます。その結果、よりパソコン作業にも集中しやすくなり、仕事上でのパフォーマンスが向上していく可能性もございます。